SBIは過去2年間で1ルピー1ルピーの価値のあるローンを償却している - Hindustan Times

同国最大の資産別貸し手であるState Bank of India(SBI)は、3月31日に終了した2年間で1ルピー1ルピー相当のローンを償却した。 3月31日に終了した年度には61,663ルピー、前年度には40,809ルピーが追加され、合計で1.02ラククロールピーとなった。これは、貸手が前の3つの会計年度に償却したルピー57,646クロールの2倍近くになります。 19年度に不良債権の大部分が償却されたため、SBIの未実行不良債権総額(NPA)は前年同期比で23%減少して1.72ラククロールピーとなりました。 一方、SBIのローン回収とローンのアップグレード(利息の支払いを再開した口座)は、19年度に31,512ルピーを記録した。確かに、償却額の増加に対応して、同期間中の銀行の回収率および格上げ率も上昇しています。 2017年3月31日に終了した3年間に28,632ルピーのルアローンを回収してアップグレードしたのに対し、過去2年間でSBIは45,429ルピーのルピアを取り戻すことができました。 銀行が不良債権を回収することが不可能になった場合、それを償却することに留意することが重要です。銀行は、それらが償却される前に、それらが完全にこれらのローンを提供することを確実にしなければなりません。 しかし、中央銀行の所得認識と資産分類(IRAC)の規範の下では、貸し手は年が経過するにつれて貸倒引当金を常に増やさなければならないため、引当金要件は突然発生しません。 それとは別に、銀行は償却ローンから回復し、これらの回復は彼らの他の収入を支えるのに役立ちます。 インド準備銀行(RBI)は、支店の帳簿では未解決であるが本社レベルで(全部または一部)償却された不良債権の金額として、技術的または慎重な償却を定義しています。 先週の金曜日、銀行の19年度決算発表後、SBI議長のRajnish Kumarは、銀行はこれを償却と呼んでいるが、これは会計慣行にすぎないと述べた。 私たちは、それが徴収勘定(AUCA)の下での進歩への単なる動きであり、追跡調査が同じ強度であることを何度も明らかにしました。だから、それは会計のエントリです、他には何も、?クマールは言った。 最初に公開された: 2019年5月13日23時56分IST