起亜SP2i中型SUVの最初のデザインスケッチ - Team-BHP

起亜自動車は、次期中型SUVの最初のデザインスケッチを発表しました。 新しい中型SUVのスタイリングは、2018年のオートエキスポで展示されたKia SP Conceptに基づいています。それは統合されたLEDデイタイムランニングライトを備えたLEDヘッドランプのそばにあるフロントのKiaの虎の鼻グリルを特徴とします。車は台形の空気ダムと両側に一対のフォグランプを備えたデュアルトーンのフロントバンパーを持っています。後部では、SP2iはLEDテールライトと統合されたスカッフプレートと車の幅を走るクロムバーでデュアルトーンバンパーを持っています。また、テールライトのすぐ下にリフレクタが配置されます。 報道によると、インド向けのKia初の中型SUVは2019年6月20日に発表される。1.5Lガソリンエンジンとディーゼルエンジン、マニュアルまたはオートマチックトランスミッションと1.4Lターボチャージャー付きガソリンエンジンを組み合わせている。スピードデュアルクラッチギアボックス。